スポンサーリンク

京都南丹市花火大会はやぎの花火大会だけど穴場の花火大会らしい

51fdb0d103a67d2e4e823ca2d323c8d8_s

京都南丹市花火大会ってもともと、やぎの花火大会という名前だったんですね。

2014年から名前が変わったんだそうです。

2016年はなんと70回目なんだとか。

それでこの南丹市花火大会の日程なんですが、

2017年は、

 

8月14日(日)19:30~20:30

 

だそうです。毎年8月14日なんですね。

戦没者の慰霊のための花火大会として昭和22年から実施されている地元のための花火大会ということだそうです。

 

[ad#ad]

京都南丹市花火大会アクセス

八木の花火大会の場所は京都府南丹市八木町西田 大堰川河川敷。

会場へのアクセスは、JR八木駅から徒歩5分ということです。

駐車場はないそうです。

人出は9万人程度あるそうですから、会場は混雑するでしょう。

ただ、八木駅も京都とはいえローカルですから帰りの混雑なんかは覚悟したほうがいいみたいですね。

 

[ad#ad]

京都南丹市花火大会の穴場

やぎの花火大会は会場は混雑するのですが、
回りに高い建物がないためどこからでもよく見えるそうです。

この花火大会自体が穴場だといわれる理由なんでしょう。

だから、このスポットが穴場、という場所はないみたいなんですが、
駅からでも川沿いの場所からでもだいたい見えますよということのようです。

また、お金を払ってもいいなら本会場の有料観覧席で観れば、
迫力ある花火が見れるみたいですね。

車で行って適当な場所に停めてみるのもありみたいなんですが、
花火大会の近くの道は交通規制がありますからそこは注意が必要そうです。

 

いずれにしても規模の割に人が少ないというかどこからでも見えるということで、
八木の花火大会自体が穴場というのは本当みたいですね。

[ad#ad]

タイトルとURLをコピーしました