スポンサーリンク

FF2は一人旅の方がクリアしやすい?

Print

昔、やったんですよね~、ファミコン。大してゲームは持ってませんでしたが、ドラクエとかFFとかはやりました。

ゲーム自体大してうまくもなかったですが、ロールプレイングゲームならシューティングのように器用じゃなくてもいいし、自分のペースで遊べるから好きでした。

今でもたまにやりたくなったりするんですよね、昔のゲーム。

新しいのについていけないというのもありますが、画面が粗かろうが、音楽が悪かろうが、昔の自分に戻れるのはやっぱり楽しいわけです。

それで、色々やったゲームの中でも、最初はクソゲーじゃないかと思ったのがFF2でした。

このゲーム、「レベル」の概念がなく、HP、MPの数値よりもステータスをあげないとクリアできない設定になってるんですよね。

最初はこのことを知らなかったので、なかなかクリアできず苦労したことを覚えています。

当時はまだネットでの攻略サイトなんてなかったですから、攻略本を買ってきて裏技なんかも色々使ってようやくクリアしたというのが実際でした。

まあ、ABボタンキャンセルで武器や魔法のステータスを上げて、パーティーアタックでHP、MPを上げて、とやっていけば大体はクリア出来てしまうんですが、それでも、コンフュに引っかかって同士討ちして全滅とか、しょっちゅうしてたもんです。

スポンサーリンク

FF2は一人旅の方がクリアしやすいのか?

それで最近またファミコンをやってみたくなって、FF2のやりこみサイトを見ていたんです。

すると、一人旅、というのがありました。

そうだよな、やり込みだから一人旅で低HPとかでクリアする人もいるんだよな、すごいな、とか思ってたんです。

 

ところが!

 

一人旅のほうがクリアしやすい、とか書いてるじゃないですか。

えーっ、そんなバカな・・・

この場合、一人旅というのは自分のキャラ以外は常に「死亡」状態にしておく、ということなんですが・・・

裏技でパーティ強くしたり、魔法の本装備でアンチの魔法装備して殴ったら石化するとか、そんなことしてようやくクリアしてたのに、一人旅のほうがクリアしやすいってどういうこと?

ということで自分でもやってみようじゃないか、と思ったわけです。

FF2一人旅をやってみた

それで自分も真似してやってみようと思ったわけです。

もう、家にあったファミコンとFF2のゲームを出してきて、まだ動くな~という感じで。

自分はヘタレなので縛りなんかしません、魔法の本装備だってABボタンキャンセルだって使います。

で、実際やってみると・・・

 

なんとあっさりクリア出来てしまいました!

 

本当だったんです、一人旅の方がクリアしやすい、というのは。

どういうことなのか?

理由は、

 

一人旅だとものすごく「回避率が上がりやすいから」

 

ということでした。

回避率というのは、物理ダメージを回避するレベルなわけですが、この回避率は敵から数多く狙われるほど上がっていくという性質なんだそうです。

一人旅になると当然、敵から集中的に狙われるわけで、序盤でほとんど物理ダメージを受けなくなってしまいました。

自分が適度に弱いとどんどん敵が狙ってくるのでどんどん回避率があがるんですね。

そんな中で、裏技的にはアンチの本は盾属性なので、盾属性を鍛えることと、MPを増やすようにしました。

で面倒なので序盤でミシディアに行くこともないという。

魔法の本の装備は、アンチの本(石化)とバスナの本(ブラッドソード)、

HP回復用のケアル、状態回復用のエスナ、シナリオで拾うテレポ、くらいでしょうか。念のためレイズとデジョンは覚えましたが。

盾は初期装備のバックラー、ミンウを仲間にしたらアンチの本を購入して、装備という感じ。

盾レベルが高ければブラックプリンも一撃で石化するし、コカトリスの攻撃も当たらないから石化しないし、黒装束を装備すれば当たっても石化しないらしいし。

ミシディアの塔で白のローブを装備してしまえばコンフュにはかからず、ジェイドのパンデモニウムへの道の途中で守りの指輪を装備すればクアールのプラスター一撃で死ぬこともないみたい。

ゴーレム系、特にミスリルゴーレムはアンチで石化が難しいので、バスナのブラッドソード効果で撃破。

結局、回避率が高いと物理攻撃を喰らわないので敵がいくら多かろうが関係なく、こちらがアンチの本を装備していれば、ラスボスの皇帝ですら一撃で倒してしまうということに。

パーティー組んでいると特殊防具が不足するから同士討ちをしたりむやみに死んだ仲間を生き返らせるからその間に攻撃されて全滅したりということになって苦戦していたわけです。

なにより、ゲーム初期段階で攻撃が分散するので回避率が上がらないというのがネックだったということ。

なんと、仲間だと思っていたのに足手まといだったという・・・

なんでもひとりでやろうとしてはいけません、仲間と力を合わせて物事は成し遂げるのです、と言われているのですが、そうでもないんですよ、と言われたみたいな気がしました。

結局、一番困ったのはダンジョンで迷子になることくらいでしょうか。

実はFF2の一人旅はやりこみのようでやりこみにならなかったというお話でした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました