スポンサーリンク

引越し初日に隣人とトラブル?気をつけたい5項目

新生活が始まる人も多いと思いますが。

大抵は住み慣れたところからの引越しということになりますよね。

長年住んでいたなら、隣近所の人付き合いも分かっていたでしょうが新しい場所に行くとなるとそれまでとはまた違った付き合いになると思います。

どんな人が住んでいるのか楽しみでもあり、不安でもあるわけです。

そういう場合、第一印象が重要ですよね。お互いにいい気分で過ごしたいですから。いい人だなと思わせるのはハードルが高いとしても、少なくとも迷惑な人ではないという印象は持ってもらいたい。

ということで、引越し初日に気をつけることについてネットで調べてみました。

[ad#ad]

引越し初日に隣人とトラブル?気をつけたい5項目

早速、注意したい項目ワースト5です。

  • ワースト1位:騒音に対する配慮が感じられない(274票)
  • ワースト2位:梱包のゴミなどを片付けない(121票)
  • ワースト3位:梱包のゴミなどを、ゴミの日でもないのにゴミ捨て場に出す(113票)
  • ワースト4位:引っ越しの作業中に廊下などですれ違っても無視して通り過ぎる(108票)
  • ワースト5位:マンションの共用スペースや人の家の壁などを傷つけても平気でいる(104票)

かなりの数で「騒音」を嫌がる人が多いようです。その次がゴミ関係、愛想が悪い、共用スペースの問題と続いています。

では、それぞれ見ていきたいと思います。

騒音に対する配慮が感じられない

これ、引越し当日に限らないのですが、特にマンションなんかで生活する時、「音」には気を使うんですよね。防音設備が整っているならいいんですが、見た目がキレイでも壁が薄いとか、そんなので音が聞こえるというのもありますし。

引越し初日なら荷物の運び込みなんかで業者が入りますから当然うるさいわけで、できれば事前に「お騒がせしてすいません」というような断りを入れたほうが良いかもしれません。

引越し後でもマンションの構造によりますが、ちょっとした物音がうるさかったり、トイレや風呂の排水の音がうるさかったり、普通のサラリーマンと生活する時間帯が違っていたり、ということで何かと揉める元ではあります。

息を殺してじっとしているというわけにも行きませんが、なにか対策をするほうが良いんでしょうね~

自分が騒音出したくなければダンボールハウス、とか?

 


組立式 簡易防音室 だんぼっち


アマゾンの口コミレ・ビューは散々みたいですが・・・

梱包のゴミなどを片付けない、梱包のゴミなどを、ゴミの日でもないのにゴミ捨て場に出す

引越してすぐはダンボールとかのゴミが出るのは当たり前なんですが、そのゴミを廊下に出したままにしているとかは駄目なんですよね。

現実問題として通行のじゃまですから。

そして、ゴミの日じゃないのにゴミを出したといって文句を言われる。

これも気にする人は気にしますよね、ゴミの分別とか異常にうるさかったり。他人のゴミ袋の中まで見なくても良いんじゃないかと思うんですが、そういう神経質なところは日本人ならではなのかという気もします。

まあ、そういう人はルールを守らないことに対して非常に神経質ですから、変に関わらないほうがいいと思いますが、引越し初日ではそういうことが分かりませんから、その地域のルールを良く確認しておかないといけないんでしょう。

[ad#ad]

引っ越しの作業中に廊下などですれ違っても無視して通り過ぎる

これは普通に良くないですよね。見知らぬ人ですから挨拶しにくいのかもしれませんが、どうみても隣の人なんかだったら軽くあいさつするぐらいはしないと。

マンションなんかだったら大家さんなんかに事情をよく確認しておいたほうがいいんでしょうね。

近隣の人と関わりたくないという人も多いと思いますが、廊下ですれ違って無視するとかはやっぱり違和感ありますからね。

マンションの共用スペースや人の家の壁などを傷つけても平気でいる

これは日本人として駄目ですよね。

中国なんかは共用スペースをきれいに使う文化がないと聞きますが、日本ではむしろ共用スペースこそきれいに使わないといけない文化ですから。

 

=================

まだ、引越し業者が決まっていない?

それなら一括査定がお得です。

▼ここをクリック▼
引越し侍予約サービス

=================

いかがでしょうか。

引越しは人生においても一大事。そこで出会う人が人生を左右することだってあります。そう考えると第一印象を良くしておくのはかなり重要な事だと思います。

[ad#ad]

タイトルとURLをコピーしました