スポンサーリンク

子持ち家庭の貯金 貯蓄額の平均は?

子供のいる家庭はなにかとお金がかかりますよね。

自分は結婚してませんから詳細は分かりませんが、自分の両親のことを思うとよくぞ育ててくれたと思ってしまいます。

子供の養育費はバカになりませんし、習い事をすると言えば出来るだけのことはさせてあげたいし、学校に行くにしても周りのみんなと同じレベルのものは与えてあげたいし、進学するとなれば子供の希望はできるだけ叶えてあげたいし。

何にしてもお金がかかる一方です。

その上、事故や病気なんかしたらものすごい出費となるわけで、おいそれと貯金など出来ないという気がします。

まあ、そういうリスクがあるのでますます節約して貯金しておかないと将来大変だぞと言う考えになるんでしょう。

それで、実際のところいったいどの程度貯金してるものなのか、気になりますよね?

ネットで見てるとそういうアンケート結果がありました。

子供のいる家庭の貯蓄額はどんなものか。早速ご紹介します。

[ad#ad]

子持ち家庭の貯金 貯蓄額の平均金額

子持ち家庭はいったいどれくらい貯金しているものなのか?

子供のいる既婚者、子供のいない既婚者、未婚者、という3つのグループに分けてそれぞれの貯蓄額の平均をとるとこんな結果だったそうです。

  • 子供のいる既婚者:123万円
  • 子供のいない既婚者:228万円
  • 未婚者:111万円

 

ちなみに、全体では132万円だそうです。

子供のいない既婚者の貯蓄額が多いのは分かるんですが、未婚者の貯蓄額が子供のいる既婚者より低いというのは意外でした。

子供のために、という感覚がないならば、自分のために使えるだけ使おうということになるんでしょうか。

そして、子供の年齢別の貯蓄額は以下の通り。

  • 乳児〜未就学児・・・124万円
  • 小学1~3年生・・・134万円
  • 小学4~6年生・・・103万円
  • 中学生・・・166万円
  • 中学卒業以上・・・133万円

 

中学生を持つ家庭が一番貯蓄していることになっています。小学生は塾や習い事にお金がかかるのかもしれません。中学生になると習い事なんかあまりしなくなってその分のお金はかからないのかも。

ただ、その後は高校受験、大学と費用がかさみますから、また貯金はしにくくなるのだと思います。

自分のための小遣いを減らして貯金をする親としては当然のことではあるんでしょうが、やっぱり大変なことだと思います。

[ad#ad]

30~49歳の貯蓄額のランキング

調べてみると、子供のあるなしに関わらずこの年代の貯蓄額のランキングというのもありましたので紹介しておきます。

1位・・・1万円~50万円以下(28.3%)

2位・・・0万円(25.4%)

3位・・・50万円超~100万円以下(14.0%)

4位・・・100万円超~200万円以下(7.3%)

5位・・・500万円超~1千万円以下(6.6%)

5位・・・1千万円超(6.6%)

 

なんと、0円というのが2位なんですね。日本人は貯金が好きと言われてましたが、どうもそういう時代は終わったみたいです。

江戸時代、江戸っ子は宵越しの金は持たぬ、といわれていましたが、天下泰平が続くとそういう気持ちになるんでしょうか?

外国から日本人は働きすぎだとか貯金しすぎだとか言われて来て、そういうことに対して消費は美徳だという教育をしてきましたから、その成果が出たのかもしれません。

半数の人が貯金が50万円もないみたいなんですが、そんな状態で何か突発的なことが起こったらどうするのか、大丈夫なのか、と無職の自分が心配してしまうような結果でした。

 

いかがでしょうか。

子供にはお金がかかりますから貯金は必要だと思います。お金がないから子供のやりたいことが出来ないというのは避けたいですからね。

[ad#ad]

タイトルとURLをコピーしました