スポンサーリンク

親切はなぜ親を切ると書くのか?「切」の文字に違和感がある!

管理人のおっさんです。

今回は、親切はなぜ親を切ると書くのか、というお話。

管理人、いつもお前は親切心がないとか、もっと人に親切にしなさいと言われてました。

今でも言われてますけど。

でも、親切って、「親」を「切」るって書くじゃないですか。

俺にはこんな残酷なことは出来ねえ!

とか思ってましたね~

屁理屈ですけど。

なので管理人、ずっとこれ気になってました。

でも辞書も引かず、検索もせずでここまで来てしまいました。

なんだろうなと思いながら調べてなかったんですよね~

それで。

今回は、ちょっと調べてみることにしました。

すると、色々な説があるようです。

ということで。

この記事では、親切はなぜ親を切ると書くのかについてお話したいと思います。

[ad#ad]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

親切はなぜ親を切ると書くのか?「切」の文字は切るの意味ではない?

管理人、ちょっとネットで調べてみたんですが。

いくつかある説の中からこれかなと思うのが以下の説です。

==ここから==

実は、「切」という漢字には、ある漢字の下に付いて「非常に~~である」という意味を表す働きがあります。

つまり、「親切」の場合は、「非常に『親』である」という意味になるのです。

そしてこのときにもう1つ重要なのは、「非常に~~である」の「~~」の部分には、日本語ではふつう、動詞や形容詞が入りますから、「○切」の「○」の漢字も、動詞や形容詞として理解しなくてはいけないことです。

つまり、「親切」の「親」とは、「おや」ではなくて、「したしい」「したしむ」という意味なのです。

というわけで、「親切」という熟語は「非常にしたしくする」という意味になります。

同様の熟語としては、「痛切」「哀切」「適切」「懇切」などがあります。

==ここまで==

漢字文化資料館HPより引用させていただきました。

管理人は知らなかったのですが、「切」には「非常に~~である」という意味もあるんですね。

それと親切の「親」は「両親」ではなくて「したしい」の意味。

だから親を切る、ではなくて、非常に親しい、ということになるんだとか。

〇〇切、という熟語が数多くありますが、非常に~~である、ということだったんですね。

勉強になりました。

【親切はなぜ親を切ると書くのか?他の説】

管理人は、「切」という文字が、「非常に~~である」の意味だということで結構納得したんですが、他にも説があるようです。

知恵袋を見ていると、たとえば、

==ここから==

「親切」というのは「親を切る」のではなく、「相手にぴったり寄り添う」という意味の語です。

==ここまで==

という説明がありました。

親の方はやっぱり「したしい」の意味。

なので、刃物が皮膚にぴったり寄り添うようにしたしむ、ということになるんだとか。

管理人、これもそうなのかなと思ったんですが、でも皮膚に刃物を当てられても、感覚的に親切とは思えません。

この説明にはちょっと違和感ありますね。

本当はこちらかも知れませんが。

ちなみに。

「切」という文字を調べてみると「セツ」「サイ」という音読みと「き(る)」という訓読みがあるんですよね。

知ってると思いますけど。

それで、どうも音読みの「セツ」の方は寄り添うとか、熱心にとかひたすらとかそういう感じもあるわけですよね。

「サイ」は一切、みたいな感じですべて、の意味。

訓読みの「き(る)」は、切り離す、切断するという意味になるのかなと思います。

なんとなく、ですけどね。

同じ文字ではありますが、読み方で意味が違っている感じがします。

[ad#ad]

管理人のまとめ

今回は、親切はなぜ親を切ると書くのか、というお話でした。

これは親を切るのではなくて、このときの「切」は非常に~~である」という意味なんだそうです。

「親」はしたしい、の意味ですから、親切は、「非常に親しい」という意味になるんだということでした。

大切、なんていうのも似たようなものなんでしょう。

このときの「大」は重要の意味で、「切」は「非常に~~である」の意味。

だから「大切」は「とても重要」、になりますよね。

また「切」の読み方でも意味が変わるようです。

音読みだと「非常に~~である」とか寄り添うとか、迫っているとか。

訓読みだと「切り離す」の意味になるとか。

「裏切り」だったら、この「裏」が「心」の意味で「心の中で縁を切る」から「裏切り」になるみたいですね。

親切と裏切り、どちらも「切」という文字が使われていますが、意味は全く違うようです。

人間、親切で痛いものですね~

[ad#ad]

タイトルとURLをコピーしました