スポンサーリンク

ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを作る!水道水はNG?

日本一の富士山で日本一の採水標高
ウォーターサーバー「富士山の天然水」

 

管理人のおっさんです。

今回は、ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを作る!水道水はNG?というお話。

最近、管理人の近所で赤ちゃんの泣き声がするんですよね。

どうも近所で赤ちゃんが出来たみたいで、まあそれはおめでたいことなんですが。

ただ、まあ当然のことながら、昼夜問わず、好きなときに泣くわけです。

それで、お母さんはミルクをあげないといけないんですよね。

母乳が出るならそれが一番いいと思うんですけど、そうでなければ粉ミルクを溶かしてあげないといけない。

子供の育て方も色々難しいところがあるので、独身のおっさんはなんとも言えないんですが。

 

それはそうとして。

 

ここで問題は赤ちゃんには安全な水というかお湯が必要なわけですよね。

粉ミルクを溶かすわけですから。

そのときにまさかヤカンでお湯を沸かしましょう、なんてことにはならないでしょう。

それじゃあ、いつになったら泣き止むんだというくらい時間がかかってしまいます。

ティファールの電気ポットのように数分でお湯が沸くのもありますが、それでも遅く感じます。

そもそも常時お湯は用意しておけと。

 

それからもう一つ。

重要なのは安全性。

そうなるとウォーターサーバーがほしいなと言うことになるわけですよね。

ただし、ウォーターサーバーにも種類が色々あるようで、湧き水を組み上げてろ過しているものもあれば、水道水をろ過した後に必要なミネラルを加えているものもある。

家の水道水をフィルターを通しているやつもある。

これらはどれも一長一短あります。

管理人の知ってる感じでは、この水処理膜の技術はすごくて、性能の良い膜だとほとんど純水になるまでろ過できてしまうんですよね。

たとえば半導体工場で洗浄用に使う水なんかは逆浸透膜で作るわけですから。

家庭用のものがそこまでやってるのかどうかは分かりませんし、それはやり過ぎなのかもしれませんが、まあその程度の技術は確立しているわけです。

それでもあえて言うと、おいしい天然水はおいしい。

味を覚えると水道水は飲めません。

いや、喉が乾いているときに冷やしたやつを飲むなら飲めないことはないんですが、ぬるい水がもう飲めない。

贅沢になったものですよね。

一応水道水は塩素やオゾンで消毒されているので安全だと言うことになっていますが、実際まずい。

安全でまずい水と、安全でおいしい水があったらどっちとりますか?

といわれたら、当然安全でおいしい水をとりますよね。

特に赤ちゃんにミルクを作ってあげるなら、安全でおいしい水がいい。

親ならそれが普通の感覚でしょう。

そこで、ウォーターサーバー、となるわけです。

ということで。

この記事では、日本一の富士山で日本一の採水標高、ウォーターサーバー「富士山の天然水」を紹介したいと思います。

 

日本一の富士山で日本一の採水標高
ウォーターサーバー「富士山の天然水」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本一の富士山で日本一の採水標高!ウォーターサーバー「富士山の天然水」でミルクを作ろう

この、ウォーターサーバー「富士山の天然水」は、口当たりがやわらかく、ほんのりやさしい甘みの感じられる軟水

家族みんなで安心して飲める、まろやかな感触です。

子どもからお年寄りまで家族みんなに親しまれるこのおいしさは、富士山の大自然が作り出す、天然のミネラルバランスのおかげ、だそうです。

具体的な特徴は以下の通り。

 

==ここから==

富士山の天然水の特徴

ポイント1

ご愛飲いただいているお客様へのアンケート“「富士山の天然水」を購入している理由は何ですか?”の回答で、ダントツNo.1が「おいしいから」。

おいしさの理由は、大自然が作り出すミネラルバランスと、品名“ナチュラルミネラルウォーター”の表記ができる本物の天然水だから。おいしさには自信があります!

ポイント2

ミネラルウォーターは、どれも同じではありません。

「富士山の天然水」は、ナチュラルミネラルウォーター。

自然がつくりだす天然水本来の味を大切にしたいから、富士山の水にこだわり、処理は最小限にとどめています。

味を調整するためにミネラル分を人工的に添加したり、成分を加工した水は、“ナチュラルミネラルウォーター”と表記できません。

「富士山の天然水」は、自然本来のおいしさを生かした、安全なナチュラルミネラルウォーターです。

ポイント3

「違いも選び方もよくわからない…」そう思うと、つい価格だけの比較をしてしまいがち。

でも、毎日の食卓に上がる野菜や肉・魚などの食材も、海外産より国産、魚も養殖より天然のものをと、高くてもおいしく安全なものを選んでいるはず。

水にも、違いがあるのです。

価格だけで選んで飲んでいたら、実は加工水だった…なんてことも。

あなたが購入している水は、大丈夫?

ウォーターサーバーの特徴

HEPAフィルターで空気中のゴミ・粉塵を徹底的に除去
エアフィルターは空気清浄機にも搭載されている高性能フィルター『HEPAフィルター』を使用した2層構造。ボトル内に入る空気も、HEPAフィルターを通しているため、空気中に含まれる細かい埃・粉塵なども徹底的に除去されます。より衛生的にウォーターサーバーをご利用いただくことができます。
消費電力は従来比で約20%OFF
ウォーターサーバーの性能の向上により、消費電力は従来性と比較して約20%の省エネ化を実現しました。少ない消費電力でご利用いただけるため、環境にもやさしく、長くお使いいただくほど電気料金もオトクに。
ホワイト・ブラック・モカブラウンの3色のラインナップ
ご自宅のインテリアに合わせて、スリムになったウォーターサーバーは、ホワイト・ブラック・モカブラウンの3色からお選びいただけます。

仕様

製品ウォーターサーバー「スリムタイプ」
カラーバリエーションホワイト ブラック モカブラウン
あんしんサポート料700円(税込)/月
※1年に1度のメンテナンス(ウォーターサーバーの交換)の 料金が含まれます。
※「富士山の天然水」のご購入のない月は、 あんしんサポート料1,000円(税込)となります。予めご了承ください。
メンテナンス料無料
1年に1度ウォーターサーバーを交換します。
商品サイズ(幅)約31cm×(奥行き)約31cm×(高さ)約99cm
重量約16kg
温水温度83℃~93℃
冷水温度4~10℃
容量冷水2.1L  温水:2.1L

 

==ここまで==

 

ということだそうです。

それから、配達や設置は全部、販売している「マーキュロップ」がやるみたいですね。

重たい水を自分で動かさなくていいのはありがたい。

特に女性にはありがたいでしょう。

 

日本一の富士山で日本一の採水標高
ウォーターサーバー「富士山の天然水」

管理人のまとめ

今回は、日本一の富士山で日本一の採水標高、ウォーターサーバー「富士山の天然水」の紹介でした。

一口にウォーターサーバーといっても色んな種類があるんですよね。

ウォーターサーバー自体の使いやすさとか、かかる費用とか、動かす手間とか、それはもちろん色々ありますから、何を重視するかはその人次第。

ただ、管理人は、最終的にはその水がおいしいかどうか、が問題になると思っています。

飲めればいいというだけなら、コンビニでペットボトルの水を買ってもいいし、水道の水でもいい。

安全性を言うのなら、日本の水道の水を飲んだからと言って病気になるわけではありません。

それでもウォーターサーバーを使うということは、やっぱり本当においしい水が飲みたいからでしょう。

赤ちゃんのミルクだってそういう安全でおいしい水で作りたいじゃないですか。

それにウォーターサーバーなら常時お湯も使えて便利だし。

あと、こういう水の味なんかは子供は敏感ですから、この水が本当においしいかどうか見抜いてしまうでしょうね。

ぜひ、日本一の富士山で日本一の採水標高、ウォーターサーバー「富士山の天然水」を有効活用して下さいね!

 

日本一の富士山で日本一の採水標高
ウォーターサーバー「富士山の天然水」

タイトルとURLをコピーしました