スポンサーリンク

ウォーターサーバーが薬品臭い!その成分は?

ウォーターサーバー、これからの季節はお世話になることも多いと思います。

それで調べていたんですが、ウォーターサーバーから薬品の臭いがすることがあるんだそうです。滅多とないことなんでしょうけど、そういう苦情が国民生活センターに寄せられて調査をしているみたいですね。

なお、人体への影響という点では臭いがすると言っても極微量なのでほとんど影響はないということだそうですが、普通、そんな水飲みたくないですよね、おいしい水を飲みたいからウォーターサーバーにしてるのに。

まあ、これについてはメーカーに文句を言えば、普通は交換してくれると思いますし、そういう対応をしてくれないメーカーならちょっと考え直したほうが良いかもしれませんけど。

ところで、この異臭の原因となる成分は何だったんでしょうか?

[ad#ad]

ウォーターサーバーが薬品臭い!その成分は?

まずは国民生活センターによる分析レポート。

Click to access n-20160421_2.pdf

 

これによると、薬品の臭いとしては「塩素臭とクレゾール臭が感知されました」となっていました。

また、ガスクロマトグラフ-質量分析法では、当該品、同型品ともに、塩素臭の原因となるジクロロフェノール類とクレゾール類が検出された、ということです。

成分としてはジクロロフェノール類とクレゾール類ということみたいですね。

それでこの成分なんですが、調べてみるとボトルなんかの洗浄に使われるものみたいなんですね。

ジクロロフェノール類というのは名前は馴染みがないですが、いわゆるカルキの臭いなんだそうです。

詳しく言うと塩素とフェノールが反応してできたもので塩素を使うと大体出来てしまうみたいです。しかも極少量で臭うので除去が難しいんだとか。

そしてもう一つのクレゾールもやはり洗浄用に使う薬剤だそうで、昔の病院のあの消毒液の臭いだそうです。

ただし、現在の病院では使わなくなったのでこの臭いが分かるのはそこそこの年齢の人ということになるみたいですが。

[ad#ad]

ウォーターサーバーが薬品臭い!その原因を推定すると・・・

いずれにしても、この薬品のような臭いについては、水そのものではないということみたいです。

ではどこからその臭いが紛れ込むのか?

これもネットを調べてみると、ウォーターサーバーのサーバーやタンクなどを洗浄する時の洗浄液の臭いではないかということなんですね。

ウォーターサーバーに使う水自体は塩素での殺菌はせずにRO膜という膜で濾過しているので、水から塩素臭はしないはずなんだそうです。

だから洗浄液の臭いなんだろうと。

 

リターナブルタイプの場合、当然タンクを何度か使うわけですからその都度洗浄するわけで、その工程で洗浄が不十分だった場合臭いが残るのかもしれませんし、サーバー自体に洗浄液が残っている可能性もあります。

いずれにしてもメーカーに文句を言って交換してもらうことになると思います。

 

いかがでしょうか。

なお、水の臭いについては薬品の臭いの場合は上記のように洗浄液の臭いの可能性が高いのですが、それ以外の臭いも色々あります。

実は自分の使っているコップに臭いがついている場合が結構あるんだそうです。これはどこにも文句を言えませんから、自分でキッチリ管理するしかないですよね。

それからウォーターサーバー自体にカビが生えている場合。長いこと使っていてあんまりメンテナンスしてなかったらカビが生える可能性がありますからこれも要注意なんだそうです。

これから暑くなる季節、ウォーターサーバーで冷たい水が飲みたいなと言う時に変な臭がしたら困ります。

気分良くおいしい水が飲めるように日頃からキチンと管理しておきたいですよね。

[ad#ad]

タイトルとURLをコピーしました