スポンサーリンク

CPUの割り当て変更を簡単に!「CPU Dynamic Assign Helper」

パソコン

 

管理人のおっさんです。

今回は、CPUの割り当て変更を簡単に!「CPU Dynamic Assign Helper」、のご紹介です。

管理人はそんなに高性能のパソコンを使ってないし、そんなに高性能なパソコンを必要とする仕事もしていません。

遊びもですけど。

しかし。

人によってはグラフィックのきれいなゲームをやったりするわけですよね?

多分、CPUの割り当てなんかはパソコンの内部で自動的に最適化されているとは思うんですけど、それでも自分で設定したほうがパソーマンスがいいと言うことがあるそうです。

もちろんそういう機能はパソコンにあるわけですけど、それを一回一回手動でやるのかということになると面倒じゃないですか?

なので。

そう言う人のためのアプリが「CPU Dynamic Assign Helper」。

もちろん設定を自分でやったからと言ってパフォーマンスが上がるとは限りませんが、そう言うことを試したいのではないかなと。

ということで。

この記事では、CPUの割り当て変更を簡単に!「CPU Dynamic Assign Helper」、を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「CPU Dynamic Assign Helper」ならCPUの割り当てを簡単に変更できる!

この「CPU Dynamic Assign Helper」を使えば、CPUの割り当てを簡単に変更できるそうです。

具体的に何が出来るのかは以下の通り。

 

==ここから==

アプリケーションが使用する CPU を変更することができるソフトウェアです.

複数のCPU(マルチプロセッサ,マルチコア,デュアルプロセッサ,デュアルコア,ハイパースレッディングなど)が搭載されている環境では,通常は OS がそれぞれの CPU にアプリケーションが最適に実行できるようにアプリケーション(プロセス)を割り当てますが,OS 任せではなく独自に設定した方が全体的なパフォーマンスがよくなる場合があります.

たとえば,非常に処理の重いソフトウェアを実行した場合,それがマルチスレッドに対応しているソフトウェアであれば,PC 全体のレスポンスが悪くなり,Webブラウザなどを同時に利用することが困難になります.こうした場合に重いソフトウェアの速度が犠牲にはなりますが,全体の作業効率を考えるとむしろ重いソフトウェアを単一のCPUに割り当てた方がよい場合があります.

こうした際に一般的には「タスクマネージャ」の「プロセス」タブにある「関係の設定」からプロセス毎に使用するCPUを割り当て直しますが,毎回手動で設定し直すのは面倒ですし,なにより設定項目を出すまでが長い.そこで「関係の設定」をより簡単に,あるいは半自動的に設定できるようにしたのが本ソフトウェアです.

デュアルCPU(デュアルコア含む)環境で動きが怪しくなるゲームなどを利用する場合にも最適です.

 

==ここまで==

 

ということだそうです。

こういう変更って体感できるほど変わることは少ないと思うんですけどやってみたい気分になることがありますよね?

そういうのが気楽に手軽にできるのは楽しいと思いますね~

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、CPUの割り当て変更を簡単に!「CPU Dynamic Assign Helper」、の紹介でした。

管理人は古い人間なので、最新のPCのことは正直言って分かりません。

ただ、昔も似たようなことはありました。

重たいソフトを動かすときにちょっとでもパフォーマンスが良くなるように設定をいじるとか。

結構それ自体が楽しかったりしましたね~

ただ、変な触り方をするとかえってひどい目に合うこともありました。

最悪初期化するとか。

それはそれで困ったももでしたけど。

まあ、こういうソフトを使えばそんなにひどい目に合わずに比較的お手軽にCPUの設定が自分の好きなようにできると思います。

なんでもAIのいいなり、というのもシャクですし。

CPUの割り当て変更を簡単に!「CPU Dynamic Assign Helper」、有効利用して下さいね!

 

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

>>ダウンロードできるページはこちら

タイトルとURLをコピーしました