スポンサーリンク

同窓会の断り方!60代での上手な方法とは?

記事内に広告が含まれています。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

同窓会への参加は皆様にとってどうですか?

楽しみにしている方もいれば、参加をためらっている方もいるでしょう。

実際、同窓会の誘いを受けても、行きたくないと感じる方は多いようです。

特に60代以上の方々は、さまざまな理由から同窓会への参加を避けることが増えているようです。その背景には何があるのでしょうか?

今回は60代の方々の意見を中心に、「同窓会に行きたくない理由」について見ていきます。同時に、上手な断り方についても紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

60代での同窓会での上手な断り方は?

同窓会への招待を受けた場合、無視するのは礼儀に反します。せめて、「行かない」ということを丁寧に伝えるようにしましょう。

同窓会を断るときの理由は?

適切な返信期限内に断る理由は、観光や葬儀、遠方への出張、親の介護、体調不良、多忙など、何でも構いません。他人に理由を追求されることはまずありません。質問されても軽く流して構いません。

同窓会に行かない割合ってどれくらい?行かない人が少ないと目立ったりしないの?

同窓会への参加率は年齢別で平均して30%ほどで、40%なら成功だとされています。60歳以上では参加率が増える傾向があります。

60歳を過ぎて同窓会に参加する理由

定年後の空虚感や同じ年代の悩みを共有するために、60代以上の人々が同窓会に参加する理由があります。

60代になってから同窓会に行きたくなくなる理由

同窓会に行きたくないと感じる理由は多岐にわたります。自分の現在の姿を見せたくない、過去の記憶や悩みを思い出したくない、または周囲の状況との差を気にするなどです。

同窓会にあまり乗り気じゃない人の意見

準備や費用、会いたい人がいない、周囲に気を使うのが負担になる、といった意見もあります。

同窓会への参加は個々の状況や気持ちによって異なります。自分に合った選択をすることが大切です。

まとめ

同窓会への参加や不参加には様々な理由があります。60代であっても、それぞれの人生を歩んでいます。

現在の状況で「行きたくない」と感じたら、行かないことも選択肢の一つです。将来的に行きたくなったときは、気楽に参加してもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
ぺぎらまをフォローする
フリーライフ おっさんの優雅な生活
タイトルとURLをコピーしました