スポンサーリンク

おでんで圧力鍋に入れては いけないものは?じゃがいもや練り物

記事内に広告が含まれています。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

おでんを圧力鍋で作る際、じゃがいもや練り物は避けるべきです。じゃがいもは煮崩れ、練り物は膨張し、その結果、味が半減してしまいます。具材とダシ、調味料を入れて強火で調理し、後からじゃがいもや練り物を加えると美味しくいただけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

圧力鍋でおでんを作るときの注意点とコツ

おでんを圧力鍋で作る際、練り物やじゃがいもの追加は適切なタイミングで行いましょう。最初に肉やダシ、調味料を圧力調理し、減圧後にじゃがいもや練り物を加えます。じゃがいもはレンジで熱を通すと煮込む時間が短縮されます。

揚げ物の場合は、事前に油抜きをしておきましょう。意外にも、圧力鍋でゆで卵を作ることもでき、下味をつけた煮卵はおでんに良く合います。

注意点とコツを押さえて

圧力鍋の最大調理量を超えないようにし、フタを開ける際は自然に圧が下がるのを待ちましょう。市販のダシパックは高圧で溶けることがあるため、粉末状のだしの素を使用することを推奨します。

あとがき

おでんを圧力鍋で作ることで、短時間で美味しいおでんが完成します。圧力鍋の使い方に慣れるまでは、煮込み時間などを調整しながら料理することが大切です。地域によっても味や具材は異なるので、さまざまなおでんレシピに挑戦するのも楽しいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食品
ぺぎらまをフォローする
フリーライフ おっさんの優雅な生活
タイトルとURLをコピーしました