スポンサーリンク

ふるさと納税 限度額 目安

 

ふるさと納税、12月31日までですね。

今年度分に入れるには、ですけど。

サラリーマンなら給料も出て
今年分が確定してとか、

実家に帰って両親の分の
ふるさと納税してあげようかとか
そんな感じかもしれませんね。

そういう控除シミュレーションできる
サイトは色々ありますがこちらもその一つ。

▼ここをクリック▼

控除シミュレーション

これはさとふるのサイトです。

あくまでも目安ですが
自分の年収と照らし合わせて

どれくらいまで寄付できるかの
シミュレーションが出来るんですね。

ふるさと納税は寄付ですから
やりすぎたら大損。

寄付しすぎたからと言って
返金されるわけじゃないですから。

もらった自治体が喜ぶだけですから。

返礼品をもらっても
割に合わないですから。

そこはちょっと控えめにして
損しないようにしておかないと。

そのためのシミュレーションです。

▼ここをクリック▼

控除シミュレーション

いいですか?

おわかりだと思いますが
ふるさと納税は寄付です。

返礼品を購入しているわけではない。

だから控除額以上の金額を
ふるさと納税しても返ってこない。

ありがたくいただきました
ということになりますから。

純粋に寄付したい人は別として
普通の人は限度額までに
しておかないといけませんから。

返礼品に目がくらんで
喜んでふるさと納税やって

気がついたら限度額超えてて
大損したという人いますから。

手続きが簡単になっているだけに
そういう人が増えてると思うんです。

返礼品も魅力的だからなおさらですね。

ふるさと納税色々

ふるさと納税年末ぎりぎりになると
銀行振込が間に合わなかったりする。

そういうときにふるさと納税の
サイトを利用するとカードが使えて

ギリギリまで納税できるので
結構急ぎの時には使える。

昨年だと12月31日23:58時点で
申し込みしてた人いましたから。

それでどんなところがあるかというと
たとえばこんな感じ。

▼ここをクリック▼
簡単!4ステップでふるさと納税

ふるなびグルメポイント

ネットで申込み!ふるさと納税

「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」

まだありますがとりあえずこんな感じ。

どのサイトも同じかと思ったら
それぞれに特徴があるので
一度見てみるといいと思います。

気に入った返礼品があれば
そこで納税すればいいし
なければ無理にやらなくてもいい。

今年はやらないとしても
会員登録しておけば

メルマガが配信されて
オトクな情報ゲットというのもあるし。

いずれにしてもふるさと納税は
普通に得する制度なので使わないと損。

うまく使っていい返礼品をもらって下さいね!

タイトルとURLをコピーしました