スポンサーリンク

ふるさと納税は節税にならないがメリットは大きい

ふるさと納税やってますか?

やらないと損ですからね、どう考えても。

ただ、節税にはならないですから、ふるさと納税やったら税金払わなくて済むとか、そいうのはないですからね。そこは勘違いしないで下さいね。メリットは寄付した分が控除になるのと返礼品ですから。

とはいえ、節税にならないといっても、返礼品は魅力的じゃないですか。自分の収入によって上限金額が変わってくるといっても、お米のような実用的なものもあれば、肉やカニ、のようにちょっと贅沢、というのもあるし、温泉旅行とかゴルフ場みたいな物もあります。

高額なものでは二人だけの結婚式、とか宮崎まで飛行機で行ってゴルフ、みたいなものもあって返礼品を見ているだけでもかなり楽しいですね。

[ad#ad]

ふるさと納税は節税にならないがメリットは大きい!控除額シミュレーション

それで、ふるさと納税は寄付ですから、支出は伴うので節税にはなりませんが、しかし税金払ってるなら、ふるさと納税やらないと損、というのは間違いないです。

黙っていたらそのまま搾取されてしまう税金、一部とはいえ自分のために還元出来るわけですから。税金を自分の楽しみに使えると考えただけでもやらないと損だと思うんですよね。自分なんかちょっとワクワクするんですが。

それで、問題は上限があって、いくらでも寄付すればいいというわけではなくて、そこはやっぱり所得に応じてということになるわけです。

だから、計算をしないといけません。しかし、便利なことに、さとふる、のようなふるさと納税サイトでは、そういう上限金額の目安の計算がすぐ出来るようになっています。

特に、サラリーマンで源泉徴収票を持っているなら数字をいくつか入れるだけで簡単に目安が計算できるようになっています。

▼ここをクリック▼
控除シミュレーション

ただし、これは目安ですから、副業やってるとか、住宅ローン控除があるとか医療費控除があるとか、そういう場合にはそのまま使えません。しかし、ある程度の目安にはなるのかなと。

[ad#ad]

ふるさと納税は節税にならないがメリットは大きい!ワンストップ特例制度

それで、ふるさと納税やれば当然控除してもらうための申告が必要になります。自営業なら確定申告すれば良いんですが、サラリーマンはそれちょっと面倒くさい。

だから、ワンストップ特例制度というのがあります。それでも書類書くのが面倒とか思いますけど、そういうのも全部用意されています。

▼ここをクリック▼
ワンストップ特例制度


これはさとふるのサイトですが、仕組みもやり方も書式も準備されてますから、どんなものか確認してみて下さい。思っているより簡単だと思います。

副業とかやってないサラリーマンの場合、これ書いて各自治体に郵送しておけば、確定申告しなくていいということなんで、かなり簡略化されてると思います。

ふるさと納税は節税にならないがメリットは大きい!返礼品を選ぼう!

やらないと損、と書き続けているふるさと納税、その意味はやっぱり返礼品、ですよね~。定番の米、肉、カニ以外にも色々あります。

還元率はだいたい30~50%というところなので、物を買うというだけなら普通に購入したほうが安いですが、これが自分の払うべき税金の一部が還元されるとなると、使い倒さないといけない、と思うわけですよ。

それで、ふるさと納税のサイトなんですが、最近テレビCMなんもやってましたけど、とりあえず、「さとふる」や「ふるなび」。

▼ここをクリック▼
ふるさと納税!さとふるが簡単!

 

▼ここをクリック▼
「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」

 

いかがでしょうか。

たしかにふるさと納税で節税という訳にはいきませんが、自分のために有効に使える制度だと思うんですよね。いっつも知らん間に税金とられてたから一泡吹かせてやろうじゃないか、って気分でなんだかワクワクするんですけど、ちょっと変でしょうか?

念のためにもう一度リンクを貼っておきます。

▼ここをクリック▼
ふるさと納税!さとふるが簡単!

▼ここをクリック▼
「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」

せっかくですから、楽しんで下さいね!

 

[ad#ad]

タイトルとURLをコピーしました