スポンサーリンク

ゲンキの時間で逆流性食道炎体操のやり方を河合隆さんが紹介!

記事内に広告が含まれています。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2024年1月14日放送のゲンキの時間で逆流性食道炎体操のやり方について紹介されました!

教えてくれたのは東京医科大学病院 内視鏡センター 部長 主任教授 医学博士の河合隆さんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

逆流性食道炎体操

逆流性食道炎体操の効果の理由

先生によると、横隔膜というドーム状の筋肉を鍛えると、食道と胃の境の緩みを抑える効果が期待できるそうです。

逆流性食道炎体操のやり方

<横隔膜体操のやり方>
(1)足を肩幅に開き背筋を伸ばし 両手を頭の後ろで組む
(2)ゆっくり息を吸いながらお腹を膨らませる
(3)息をはきながら腕とかかとを真上にあげ全身を伸ばす

≪ポイント≫
1回10呼吸で1セット、1日1-2セット行いましょう。食後に行うと逆効果の可能性があるので必ず食前に行うようにしてください。重要なのは毎日継続する事!気になる方はぜひ続けてみてください。

まとめ

管理人も胸焼けや胃もたれには困っているのでこの体操で少しでも楽になればと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
ぺぎらまをフォローする
フリーライフ おっさんの優雅な生活
タイトルとURLをコピーしました