スポンサーリンク

インターホンが怖い!インターホン恐怖症は社会不安障害かも

パナソニック(Panasonic) テレビドアホン (電源直結式) VL-SE30XL

管理人のおっさんです。

今回は、インターホンが怖い!インターホン恐怖症は社会不安障害かも、というお話。

管理人もインターホンは怖いんですよね。

ドアホン的なものはついているので、出たくなければその場で断ることは出来るんですがそれでもイヤ。

通販の宅配便は受け取るために出るんですけど、セールスとか最悪。

正直顔を合わせたくないんですよね~

それからピンポンダッシュってありましたけど、ああいういたずらも困ります。

管理人の近所ではそもそも子供が居ないのでそういうイタズラはありませんけど、とにかくうっとうしい。

何年か前に認知症になってしまった人がいて、日中しょっちゅうインターホンをならすので辟易したことがあります。

認知症の人ですから本人には重要なことなんでしょうけど、こちらとしてはどうでもいい話ばかり。

相手にしなければいいんですけど、ピンポンと鳴らされるだけでも相当なストレスでしたね~

まあ、その方は程なく施設に入らされたようでしたけど。

これは極端な例ですが、管理人的にはインターホンは嫌い。

なんとかならないか調べてみました。

ということで。

この記事では、インターホンが怖い!インターホン恐怖症は社会不安障害かも、というお話をしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターホンが怖い!原因と対策

それで。

このインターホン恐怖症なんですが。

もしかすると社会不安障害かもしれない、ということなんだそうです。

で、その社会不安障害とはどういうことかというと。

==ここから==

社会不安障害(SAD:Social Anxiety Disorder)とは、ある特定の状況や人前で何かをする時に、緊張感が高まって不安や恐怖を感じ、次第にそのような場面を避けるようになる病気。緊張は誰にでもあることですが、たいていは経験を積むにつれて自然に振る舞えるようになります。

==ここまで==

ということだそうです。

一応は精神の病気ではあるんですが、結局のところ経験で改善されるらしい。

人によると思いますけどね。

それはそうとして対策ですけど。

いくつか見てみたんですが結局はインターホンをやめればいい!

ということになりました。

まあテレビドアホンのようなのもあるし、監視カメラもあるのでそういうのをつけてもいいんですが、結局はあのピンポンという音に反応するわけですからインターホンをやめるのがベストらしいです。

訪問者が誰か、というのがわかったところで恐怖の感情がなくなるわけじゃないですからね~

インターホンをやめる場合は、アポ無しの人とは会えませんけど、実際のところ友人なら事前にスマホで連絡してもらうとか、宅配なら時間指定をしておくとか、不在時の再配達を利用するとか、宅配ボックスを設置するとかやり方は色々ありますよね。

こうして考えてみるとインターホンがなくて不便になるということはない。

セールスマンは不便になるかも知れませんけど、中にいる側としてはそんなのいらないということです。

よくよく考えてみれば、いらないものを取り付けてしかもそれに振り回されるなんてバカげた話です。

もしもインターホン恐怖症なら、もう電源を切っておくのが一番簡単な対策というわけですね~

スポンサーリンク

社会不安障害の対策

インターホンが怖いのは社会不安障害かもしれない。

冒頭ではそういうお話もさせていただきました。

単純な対策としては、インターホンを切っておくということなんですけど、それはちょっとという場合はどうするか?

一応調べてみると、社会不安障害の対策は結局のところ薬物療法か認知行動療法になるようです。

基本的に精神科で診断してもらうことになりますね。

このあたり、やることは色んな恐怖症と同じみたいです。

ただ、インターホン恐怖症、何の対策も取らずに放置しておくとうつ病になる可能性もある。

もしも、インターホンの電源を切って音が鳴らないようにしていたとしても、インターホンをガチャガチャと押す音が怖くなるかも知れない。

そこまで行くと本当に病気かもしれないので一度病院に行ったほうがいいんでしょうね~

根性がないとか気合が足りないとかそういう話では済まない感じですので。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、インターホンが怖い!インターホン恐怖症は社会不安障害かも、というお話でした。

管理人もインターホンは怖いんですけど、ややこしそうなら居留守を使うことにしています。

でもまあ居留守を使える人はいいんですけど、精神が病んでくるとそれすら出来ないという人もいるみたいですね。

単純にインターホンをやめればいい話ではあるんですが、何かに追われている感じになるのなら病院に行くべきなんでしょう。

ひどくなるとうつ病になって外にも出られなくなります。

そうなる前に対応したほうがいいでしょうね~

この記事がインターホンが怖い人の参考になればと思います。

電話恐怖症、うまく対応して下さいね!

(参考)

これらの記事もよく読まれています。

洗脳やマインドコントロールを解く方法!結局何が問題なの?
https://freelifeossan.com/mindcontrolwotokuhouhou/

100年カレンダーをエクセルで!「シンプルカレンダー」
https://freelifeossan.com/simplecalendar/

体温をエクセルで管理!エクセル基礎体温表(折れ線グラフ)
https://freelifeossan.com/taionexcel/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
begirama8をフォローする
フリーライフ おっさんの優雅な生活
タイトルとURLをコピーしました