スポンサーリンク

「スマホ脳」!スウェーデンを震撼させた世界的ベストセラー

スマホ脳(新潮新書)

 

管理人のおっさんです。

今回は、「スマホ脳」のご紹介です。

管理人、今となってはスマホが手放せません。

多分身体に悪いんだろうと思いつつ、ヒマがあったらスマホを見てしまう。

スマホを見ていないときはこうやってパソコンを打ってるか、テレビを見ているか。

流石に食事中とか運転中とかそういうときは見てませんけど。

しかし、外出先でも気がつけばスマホをいじっている。

そういう状態なんですよね~

これはまずいんだろうと思うんですが、どうにもならない。

「スマホ脳過労」なんていう言葉まであるみたいだし。

これがヤバイよ、ってのは、NHKのクローズアップ現代なんかでも取り上げられてるんですよね。

記憶力や意欲が低下してしまうんだと。

これってほとんど「うつ」状態。

なんとか制限しないといけないんですけどそれがなかなか難しい。

でですね。

この問題の実態を解説しているのが今回紹介する「スマホ脳」なんだそうです。

内容はもう分かってますよ、と言いたくなることだと思いますが、スウェーデンを震撼させた世界的ベストセラーが日本語訳で出ているので紹介してみようかなと。

ということで。

この記事では「スマホ脳」について紹介していくので参考にして下さいね。

\\もう書籍を確認する?//

●アマゾンはこちら
スマホ脳(新潮新書)

●楽天はこちら
スマホ脳 (新潮新書) [ アンデシュ・ハンセン ]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホ脳の内容

スマホ脳の内容は以下の通り。

==ここから==

平均で一日四時間、若者の二割は七時間も使うスマホ。だがスティーブ・ジョブズを筆頭に、IT業界のトップはわが子にデジタル・デバイスを与えないという。なぜか? 睡眠障害、うつ、記憶力や集中力、学力の低下、依存――最新研究が明らかにするのはスマホの便利さに溺れているうちにあなたの脳が確実に蝕まれていく現実だ。教育大国スウェーデンを震撼させ、社会現象となった世界的ベストセラーがついに日本上陸。

商品の説明

【出版社からのコメント】

スティーブ・ジョブズは
わが子になぜiPadを
触らせなかったのか?

『一流の頭脳』の著者が脳科学の最新研究から
明らかにする恐るべき真実
世界的ベストセラー、日本上陸!

・わたしたちは1日平均2600回スマホに触り、10分に1回手に取っている
・現代人のスマホのスクリーンタイムは1日平均4時間に達する
・スマホのアプリは、最新の脳科学研究に基づき、脳に快楽物質を放出する〈報酬系〉の仕組みを利用して開発されている
・10代の若者の2割は、スマホに1日7時間を費やしている
・1日2時間を超えるスクリーンタイムはうつのリスクを高める
・スマホを傍らに置くだけで学習効果、記憶力、集中力は低下する
・世界のIT企業のCEOやベンチャー投資家たちの多くは、わが子のデジタル・デバイスへのアクセスを認めていないか極めて厳しく制限している
etc,etc…。
本書を手に取り、ぜひお確かめください。

アンデシュ・ハンセン(Anders Hansen)

精神科医。ノーベル賞選定で知られる名門カロリンスカ医科大学を卒業後、ストックホルム商科大学にて経営学修士(MBA)を取得。

現在は王家が名誉院長を務めるストックホルムのソフィアヘメット病院に勤務しながら執筆活動を行う傍ら、有名テレビ番組でナビゲーターを務めるなど精力的にメディア活動を続ける。

前作『一流の頭脳』は人口1000万人のスウェーデンで60万部が売れ、その後世界的ベストセラーに。

久山葉子(くやま・ようこ)

1975年兵庫県生まれ。

翻訳家。エッセイスト。神戸女学院大学文学部英文学科卒。スウェーデン大使館商務部勤務を経て、現在はスウェーデン在住。

==ここまで==

ということだそうです。

この書籍に書かれていることはすでに知っていることが多いかも知れませんが、改めて読んで見ればもっと真剣にスマホ脳のことを考えられるかも知れませんね。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、「スマホ脳」のご紹介でした。

管理人もそうですが、もうスマホとかパソコンとかテレビとかそういう映像装置にどっぷり浸かってますからそこから抜け出すのは大変かもしれませんね。

今や電車に乗れば即スマホですからね~

この本読んでもうちょっと危機感を持たないと自分がだめになるのかも知れません。

もうなってるか・・・

この記事がスマホ脳の参考になればいいと思います。

スマホ脳の危険、よく考えないといけませんね!

\\書籍を確認する!//

●アマゾンはこちら
スマホ脳(新潮新書)

●楽天はこちら
スマホ脳 (新潮新書) [ アンデシュ・ハンセン ]

タイトルとURLをコピーしました