スポンサーリンク

ゲンキの時間で胸骨圧迫の練習のやり方を桃原哲也さんが紹介!

記事内に広告が含まれています。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2023年12月10日放送のゲンキの時間で胸骨圧迫の練習のやり方について紹介されました!

教えてくれたのは川崎幸病院 川崎心臓病センター 循環器内科主任部長 医学博士の桃原哲也さんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

胸骨圧迫の練習

胸骨圧迫の練習の効果の理由

自宅で簡単に胸骨圧迫の練習ができる方法をご紹介します。使用するのは、500mLの空のペットボトル。実は、胸骨圧迫に必要な力は空のペットボトルを押す力とほとんど同じだそうです。(※手にとった時にボトルがつぶれるほど薄くて柔らかいミネラルウォーターのペットボトルが推奨されています)

胸骨圧迫の練習のやり方

▼両手を組み 手首を少し上げる
▼手のひらの付け根でひじをまっすぐにして垂直に圧迫
▼圧迫するリズムは1分間に約100回程度
≪ポイント≫
圧迫時にボトルが2cm程度の厚みになるくらいが目安。ポンプを押して血流を送るイメージで行うと良いそうです。

まとめ

心筋梗塞は怖いです。
胸骨圧迫をすることでひとりでも助けることができるなら練習しておきたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
ぺぎらまをフォローする
フリーライフ おっさんの優雅な生活
タイトルとURLをコピーしました