スポンサーリンク

放出の読み方?一般には「ほうしゅつ」、地名は「はなてん」

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

管理人のおっさんです。

今回は、放出の読み方?一般には「ほうしゅつ」、地名は「はなてん」というお話。

管理人は関西在住。

なので「放出」と書いて「はなてん」と読むことは出来ます。

しかし。

他の地域の人でこの地名を「はなてん」と読むのは無理でしょう。

こんなの知ってるか知らないかの問題ですからね~

地名や人名のような固有名詞の場合はどう頑張っても読めない漢字があるものです。

たとえ大阪に住んでいても「はなてん」に縁がない人にはどうでもいいことですし。

実際管理人は北摂に住んでいて「はなてん」に行ったことがありません。

でも読めます。

その理由は?

ということで。

この記事では、放出の読み方?一般には「ほうしゅつ」、地名は「はなてん」、というお話をしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

放出を「はなてん」と読めるのは放出中古車センターのCMを見ていたから

本当にしょーもない話ですけど。

管理人が放出をはなてんと読めるのは放出中古車センターのCMを知っていたから。

理由はそれだけです。

地元の人なら何の問題もなく読めるでしょうが、そうでなければこのCMがなければ読めなかったでしょう。

CMはYou Tubeにもありますね~

You Tubeの検索結果
⇒放出中古車センター

 

本当はYou Tubeを貼りたいんですけど、ちょっと微妙なんですよねこのCM。

昔の深夜のおとなの番組に流れそうなローカルCMですので。

一瞬だけハッとして、そのあとに「放出中古車センター」という音楽が流れる。

ただそれが異常に耳に残るんですよね~

普通に昼間にYou Tube見ていてもなんとも思わないでしょうけど、これを見ていたタイミングが夜中なので余計に覚えているのでしょうね~

スポンサーリンク

放出の場所

ちなみに。

放出の場所はこちら。

 

 

放出駅、というのがあります。

大阪市鶴見区ですね。

で、ハナテン本社はこちら。

 

なんとハナテン本社、住所は大阪市城東区諏訪。

放出駅が最寄り駅のようですが、ちょっと違うんですね~

まあ、あんまり気にするようなことではないですけど。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、放出の読み方?一般には「ほうしゅつ」、地名は「はなてん」、というお話でした。

放出と書いてハナテンと読む。

確かに、はなつ、でる、なのでそれが訛ってハナテンというのは分からなくもないんですが、こんなもの知らないと読めないでしょう。

まあ、JRの放出駅で「ここは、ほうしゅつえき」と叫んでいたらそれはちょっと駅名表示を確認しようよ、となるでしょうけど。

この記事が放出の読み方の参考になればと思います。

それにしても。

地名の読み方は難しいですよね~

(参考)

これらの記事もよく読まれています。

ひとしが言えない?東京の下町では「ひ」と「し」の区別がつかないらしい
https://freelifeossan.com/hitosigaienai/

自宅内一人になれる小屋!趣味やテレワークに「小屋やさん」
https://freelifeossan.com/koyayasan/

わら半紙
https://freelifeossan.com/warabansi/

タイトルとURLをコピーしました